• ア サインポスト

パブリシティ偏重の広報イメージから脱却しないと、広報が始められずに損をする


広報のイメージはメディアリレーション、そしてテレビや新聞、WEBなどへの露出獲得です。メディアへの仕掛けがイコール広報と思われている方が大半です。たしかに広報に違いないのですが、メディアへの露出獲得はパブリシティ活動という広報の活動の一環です。

このパブリシティ活動が広報のイメージを創り上げているため、大手以外の企業は「もっと会社が大きくならないと、自社を取り上げてもらえるはずがないから、まだまだ広報活動は時期尚早」と思われているようです。

その反面、中小企業支援の団体や起業支援会社では、プレスリリースの書き方やテレビに取り上げてもらう方法などのセミナーや講座を頻繁に開催しています。

経営に「広報」を活かしましょうという啓蒙には大賛成ですが、私の周りではある問題が。

「プレスリリースの書き方を習ったので、もう広報は大丈夫」という人、「書き方はなんとなくわかったけど、どのメディアも取り上げてくれない」という悩む人、「プレスリリース配信サービスに掲載されたので広報は成功」というパブリシティの初めの一歩で満足する人が増えているようです。

結果、それ以上に広報活動を続けようとする人が少ないのです。

掲載されなかったのも継続しない理由のひとつですが、もうひとつ。それは広報したのに大きな反響がすぐに得られなかったから。広報すれば話題になると決めつけていたからです。思った以上にメディアからもビジネスも反響がなく「広報活動はまだ早いな」と、結論付ける人が多いのです。

決して早いのではなく「戦略なき戦術」で効果がでなかったのですが、それは残念ながら広報の本質を理解していないための結果ではないでしょうか。

先般もこのコラムで「広報のハウツーを使う人と活かす人」のタイトルをアップしましたが、どうしても簡単に学べるハウツーが人気であり、そこに人は集まります。セミナーや講座が多いのも理解できます。

広報という経営に必要な取り組みを部分部分切り取って学ぶ前に、広く広報とはどういうものなのかを少しでもいいので考えてみてください。そうすればプレスリリースの書き方のようなハウツー講座もより深く理解でき、いつ、どうすれば効果を発揮できるのかをイメージできるようになります。そのイメージが広報活動の大事なコトです。

「会社を、サービスを知って欲しいからだけでなく、知ってもらうには」を考えないと広報活動は行き当たりばったりの結果しか生まれません。パブリシティは広報活動の手段のひとつ。パブリシティがうまくいかなかったのは、経験が浅いから。広報も積み重ねていかなければ、良い成果を継続することはできません。

広報活動に「できないという結論」はありません。理解すればどんな会社だって効果的に活用できるのです。


6回の閲覧