• ア サインポスト

リファラル採用がうまくいく会社は社内広報ができている


ある企業からリファラル採用を始めたが、人材を紹介する社員がまったく出てこないと愚痴を聞かされました。

それはそうですよ。と心の中でつぶやきました。

リファラル採用を始めた理由が社員の離職が増えたからなのですから、うまくいくはずがありません。

自分の働く会社が、自分にとって魅力的で、知人にもこの会社で働くことで、ハッピーになってもらいたいと思える時に、初めて紹介したくなるものです。どこをどうやって離職率が高まっているから、知人にうちの会社に入らないかって言えますか。

流行りの採用手段だからといって、導入すればなんとかなるなんてことありません!

経営層や人事が、人手不足を解消しようと採用に躍起になることは理解できます。重要なミッションであるため、ご自身もチャンスがあれば、いろいろな人に入社意向を伺います。自らがリファラル採用を実行しているのです。だから、ほかの社員もできる、声をかけて欲しいと考えてしまいます。そこに社員との温度差があることに気が付かないのです。

他の社員は、一般的な会社と比較して給料や休日数を気にします。もし給料が低く、休日も少ないなら、ほとんどの社員が知人に声をかけることはありません。しかし、業績や慣例などから、給料や休日数をすぐさま是正することは困難です。それなら、給料や休日数より価値のあるものを提供する必要があります。

それが「働き方」です。

企業の成長だけでなく、社員も成長できる会社であること。成果をきちんと評価してくれる会社であること。やりがい、働きがいを実感できる会社でないと、社員は知人に声をかけることはありません。

もし、だらだら働いていても文句も言われず、ルールもなく、遅刻しようが休もうが自由であれば、それを恩恵と感じる社員は、同じように働かない仲間に声をかけるでしょう。そうなれば、会社の寿命が短くなります。

リファラル採用はとても効率的かつ良い人材を確保できる手段です。離職率の低い会社には、社員が辞めない魅力があります。この魅力がリファラル採用を成功させる「核」なのです。

メリットを最大限に発揮するためには、社内の体制を整備することです。企業理念を再確認し、会社も社員も目指す方向を同じに、ルールを遵守し業務に対し正しく評価できる会社づくりを改めて取り組む。

ただし、あれやれ、これやれ、では、今以上に社員の気持ちが離れますから、社内広報で社員への啓蒙・啓発が必須です。