• ア サインポスト

ワンランク上の広報は、取材対応に差が出ます


これまで数えきれいないほど、取材対応のサポートを行ってきましたが、広報の立ち位置は企業によって異なります。

ものすごく低姿勢で記者に言われるがままの広報もいれば、記者という響きに怖気ずいてしまい、自社の説明もままなならない広報もいます。逆に、取材させてやってるくらいな気持ちで大柄な広報もいれば、記者というだけで敵意をもって対応する広報もいます。

前者はよっぽど記者に対して怖い思いをしたのか、後者はよっぽど嫌な対応をされた経験があるのかもしれません。

記者だっていろいろなタイプの人がいます。常に良い人とは限りませんし、怖い人とも限りません。どんなタイプの人が来ようと広報は、どう向き合い最大の結果を導きだせるかなのです。

もちろん私にも嫌なタイプだと感じる記者はいます。広報室長時代には会社の取締役に私の悪口を言い続けた記者もいますし、代理店時代には、クライアントを直接非難すると関係がこじれるおそれがあると考え、代理店の担当であった私に文句を言い続ける記者もいます。

だからといって、そんなことどうでもいいのです。誠実に対応すること。自社にとって最大限の評価につながる情報をきちんと提供することが重要なのです。

記者が個人的に広報担当を嫌いだからといって、絶対に取材しないなんてことはないのです。必要な情報であれば必ず取材を申し込んできます。ただし、複数の企業から取材する企業を決める時は選んでもらえないですが・・・

ここで、ワンランク上の広報は、敢えて相性の悪い記者にもアプローチするのです。

記者は広報の好き嫌いより、情報の善し悪しを必ず優先します。付き合いにくいからといって、つい情報を出し遅れることや、ただメールなどで情報を送りっぱなしなんてことでは、関係性はいっこうに良くなりません。

相性が悪いのは仕方がないことですが、ここはビジネスとして誠実に記者に向き合うこと。そうすれば記者も割り切って向き合ってくれます。もしかしたらお互いの悪い印象もなくなることだってあるかもしれません。「初めて会った時は嫌な人だと思っていたけど、付き合ううちに仲良くなったんだよ」なんてこと、ありますよね。

必ず仲良くなれる保証はありませんが、それでもしっかりとお付き合いすること。そうすれば相手ももリスペクトしてきます。

苦手意識を克服しようとは言いません。苦手な相手とどう向き合うかです。記者だけではありません。広報として向き合わなければいけないステークホルダーは多岐にわたります。苦手な相手にも、しっかりと振舞える。ワンランク上の広報が持つスキルです。


3回の閲覧