社内広報×人材育成

 インターナルコミュニケーション.jp 

セミナーニーズも高い、独自サポートプログラム。

​学びが実践に変わります。

人材育成のためのセミナーなのに

社員が「学び」を業務に活かせない悩みを解決!

学びを身に付ける仕組みをつくる

講師を招聘した人材育成のためのセミナー。受講した社員からは「学び」や「気づき」を得られたと満足の声も多いでしょう。しかし、受講者の多くは自身の業務に活かせていません。

社員の「業務に活かせない理由」を理解し、セミナーでの学びや気づきを業務に活かしている社員の取り組みに企業理念を結びつけ、他の社員にわかりやすく伝えます。

取引先のハラスメントを回避する

営業部員が実力を発揮できる得意先選定

クライアントを分析すれば、解決策がみえる

得意先から答えのない答えを求められることがあります。営業部員一人に難題を抱え込ませてしまうと、会社への不信感が高まります。特に女性営業社員は「社内からも社外からもハラスメントを受けている」との感情を抱きます。得意先の傾向を理解することで、営業部員の配置も工夫でき、生産性が向上します。つまり、営業が「得意先」を選ぶことができるのです。

お問い合わせはこちらから